きれいな目元

ルミガンは緑内障の治療に使われてきた医薬品であり、その副作用としてまつ毛を伸ばしたり太くしたりすることが知られていました。その副作用に着目して、まつ毛を育毛する目的でルミガンを使用するケースが増えています。まつ毛を育毛することができる医薬品はいくつかありますが、その中でルミガンは多くの方がその効果を実感しやすいとされます。その秘密はルミガンの主成分であるビマトプロストにあります。ビマトプロストは臨床試験において4か月使用することにより、まつ毛の長さや太さ、色の濃さを変化させるという結果をもたらしました。ルミガンは睫毛貧毛症の治療に使うことが出来る医薬品と言えるでしょう。ルミガンの効果は有効成分のビマトプロストが毛包を刺激することで起こります。プロスタマイド受容体を活性化するのが特徴です。毛周期のうち、休止期の比率を減少させることで成長させやすくすることが出来ます。強引に伸ばす方法ではないので少ない負担で効果を期待でき、使用方法に特殊な要素も含まれていないので使いやすいと言えるでしょう。

ルミガンの使用方法は極めて簡単です。1日に1回上睫毛に塗るだけで問題はありません。上睫毛に塗ると目を瞑った時に下睫毛にも液が付きます。上下の両方に付けると付け過ぎになってしまうので注意しておきましょう。使用する量は1回につき1滴だけです。毎日少量ずつしか使わないので長く使うことが出来ます。ルミガンは非常に効果の大きい医薬品なので、1度使用した後は24時間空ける必要があります。頻度を上げたとしても効果が大きくなるわけでなく、副作用が大きくなってしまいます。それゆえに1日1回1滴という用法、用量を守ることが大切です。コンタクトレンズを付けている場合は外してから塗布を行う必要があります。液が瞼に残ってしまった場合は色素沈着が起こることもあるので、綿棒やアプリケーターを使ってなるべく瞼に当たらないようにしましょう。テープを使ってマスキングをしておくと、瞼に付いてしまう可能性が低くなります。ルミガンは基本的に就寝前に付けます。そうすることで就寝中に均等に液がまつ毛に行き渡ります。綿棒とアプリケーターのどちらを使ったとしても塗布することが出来ます。しかしながら、綿棒は液を吸い過ぎてしまうこともあるので注意しておきましょう。

ルミガンは育毛効果の大きい医薬品である一方、副作用で色素沈着することもあるなど注意しておかなければならない要素もあります。色素沈着以外の副作用としては結膜充血、めやに、目の痛み、紅斑などが挙げられます。これらは液がまつ毛以外の場所に付いてしまうことで起こります。それゆえに使用方法を守り、上睫毛だけに付けるようにすれば多くの副作用を防ぐことが出来ます。軽微な副作用はある程度想定されていますが、重い副作用が発生した場合には必要に応じて眼科の診断を受けるようにしましょう。特に目の充血や痛みが収まらないときには注意が必要です。ビマトプロストによる効果は塗布後すぐに現れるものではありません。あくまで毛周期に影響を与える成分なので、継続的に使用することが重要となります。どのくらいの期間塗布すれば効果が表れるのかについては個人差がありますが、おおむね4か月から半年ほど使い続けることで効果が表れやすくなります。ルミガンは多くの方が使用できる医薬品です。ただし、慢性的に目の充血が起こっている方、無水晶体眼の方、65歳以上の方は使用する前に医師に相談することが重要となります。また、プロスタグランジン系点眼剤やラタノプロスト含有の点眼剤と同時に使用することは出来ません。

まつ毛育毛剤は皮膚科などで購入することができますが、ルミガンは通販サイトからも買うことができます。 病院で処方してもらう場合は通院や診察などで時間や料金がかかってしまいますが、通販なら大幅にカットすることができます。その代わり、各通販サイトによって値段が異なったり、副作用に関しては自己責任などのリスクがあるので、お得な通販情報などを探して事前に知識をつけ、ルミガンでまつげ美容してみましょう。