• ホーム
  • まつ毛のパーマってどうなの?セルフでもかけることができる?

まつ毛のパーマってどうなの?セルフでもかけることができる?

2020年03月03日

まつ毛の形を変えたい、上げたいという方は睫毛パーマを行うことで実現できることがあります。近年ではホットアイラッシュカーラーなど自分でまつ毛にパーマを当てられるアイテムがいくつも販売されています。ホットアイラッシュカーラーの大きな特徴は熱を当てることで簡単にまつ毛をカールさせたり、アップさせたりすることが出来ることです。ホットアイラッシュカーラーは熱を使ってまつ毛をカールさせられる機器のことを全般的に指す呼び方であり、その中にはビューラータイプやフラットタイプ、コームタイプなどがあります。自分にとって合うものを見つけることも大切です。

くるくる本舗からはまつげパーマツールキットが発売されています。くるくる本舗は簡単に使用できるアイテムを多数発売していることでも知られます。このまつげパーマツールキットでは約10回分のまつ毛カールを行うことが出来ます。大きな特徴となっているのはシリコンを素材として使用していることです。これにより、柔らかいフィット感を実現していて、敏感肌の方も安心して使用可能となっています。また、山型のスリットが入っていることもポイントです。そのスリットが瞼の丸みにフィットします。まつげパーマツールキットのキット内容としてはくるりんロット、専用カール液、クリアグルグルー、カールスティック、コットン等となっています。いずれもまつ毛の巻き付けを行うには重要なアイテムなので、それがセットになっているまつげパーマキットはメリットが多いといえるでしょう。くるりんロットはサイズを選ぶことが出来ます。

ゆめ屋のまつげパーマキットもまつ毛カールによく使用されています。ゆめ屋のまつげパーマキットは付属しているアイテムがいずれも日本製となっており、全て高水準のクオリティが実現しているのが特徴です。低弾性素材で作られているロットが入っていて、瞼を傷つけずに使用することが出来ます。グルーにはゴムの素材でもあるラテックスが含まれていません。これによりゴムアレルギーの方も使用可能です。ゆめ屋のまつげパーマキットには施術マニュアルが同梱されています。これを読むことで初めての方でも安心して使いやすくなると言えるでしょう。

セルフでまつ毛パーマやカールを行う場合はツールを購入する必要があるので5,000円弱ほど金額が必要となります。サロンでやってもらう場合はツールを購入する必要はありませんが、サロンの利用の分の金額が掛かります。どちらかというとツールを購入する方が低費用であるものの、仕上がりの良さはサロンに分があります。ツールで行うか、サロンでやってもらうかについては慎重に判断するようにしましょう。まつ毛が生え変わるまでには数か月を要するため、失敗してしまった場合はなかなか元の状態に戻せないケースがあります。ツールを使ってまつ毛パーマを行う際には使い方を守ることが大切です。正しい使い方をしていれば失敗してしまう可能性は低くなります。最近ではツールがどんどん使いやすくなっているので、セルフで睫毛パーマを行う方も少なくありません。