• ホーム
  • 日本人のまつ毛の平均本数はどれくらい?

日本人のまつ毛の平均本数はどれくらい?

2020年05月12日

まつ毛の本数は日本人と欧米人で大きく異なります。日本の人の上まつ毛の平均本数が片目ごとに120本、下まつ毛は片目ごとに40本ほどとされています。それに対して欧米人の場合は上まつ毛が160本、下まつ毛が60本ほどとなっていて日本人より約20本多いという特徴があります。これはあくまで平均本数なので中には、日本の方であっても上下合わせて200本ほどのまつ毛が生えている方もいます。ただ、まつ毛の本数は多ければ多いほど良いとは限らないことに注意が必要です。日本人と欧米人では目や顔全体のバランスが異なっているので、睫毛の平均本数が異なっていることは自然と言えるでしょう。

日本の方と欧米の方のまつ毛の平均本数は数十本の違いがあり、数百本の違いが生まれるケースはほとんどありません。数十本であればまつ毛エクステで簡単に補うことが出来るので、日本の方であっても欧米人と同じくらいの本数に見せることが出来ます。ただし、日本の方と欧米の方では平均本数だけでなく、長さにも違いがあります。日本の方の上まつ毛は約6.8㎜前後であることが多いです。一方で欧米人の上まつ毛は約8.1㎜前後となっています。それゆえに欧米人のような睫毛にするのであれば、本数だけでなく長さも合わせることが重要となります。

日本人と欧米人ではまつ毛の密度にも違いがあります。日本人の睫毛は1㎜あたり2.6本ほどの密度になっていますが、欧米人の睫毛は1㎜あたり3.4本ほどの密度になっているのが特徴です。日本人の方が密度が小さいのでエクステを装着しやすいと言えるでしょう。

日本人には欧米人よりも睫毛の角度が大きいという特徴があります。日本の方の上睫毛の角度は約80.9度ですが、欧米の方の上睫毛の角度は約10.2度となっています。欧米人は日本人よりも睫毛を立ち上げるのが大変ということです。このようにどちらが優れているということではなく、それぞれに特徴が異なっているのでその点を踏まえて睫毛を整えることが重要となります。成長速度も日本人の毛の方が速いです。平均本数や平均の長さはある程度数字として表れますが、個人差はそれ以上に大きいケースがあります。年齢を重ねるにつれて本数が大きく減ってしまうケースも多く、結果的にたくさん生えている方より数十本少ないという状況が起こることもあるので注意が必要です。現在の本数を知りたい場合はサロンで調べてもらうのが有効となります。自分の平均本数を知っておくことで急に減ってしまった時にすぐに気づくことが出来ます。自然と減っていく分にはそれほど大きな問題はありませんが、病気などで大幅に減って数百本失うことも起こり得ます。そういったケースにおいてはすぐに変化に気づくことが大切です。平均本数に比べて大幅に少ない場合は何らかの病が潜んでいる可能性もあります。ただ、瞳の大きさによって本数に違いが生まれるのは自然なことと言えるでしょう。